ヘルプ
代用有価証券
代用有価証券の掛目変更のお知らせ(平成31年3月8日(金)以降)
当社が指定する代用有価証券は、上場銘柄(国内株式)および投資信託です。代用掛目は、銘柄ごとに異なる現金換算率で、評価額の80%とさせていただきます。ただし、証券取引所等の取引規制等、または当社独自の判断により代用掛目が変更される場合がございます。
なお、売買に関する規制措置(初値決定日の買付について買付顧客から買付代金の即日徴収、初値決定日までの売買について成行買の禁止等)が実施された銘柄を買付された場合、代用有価証券として評価を行うのは受渡日からとなります。
また、新規公開株式等のブックビルディングに参加され、当選または補欠当選された場合には、インターネット上の「現物買付余力」および「出金可能額」からご購入代金分が差し引かれ、信用建余力及び委託保証金率が変動いたしますので、ご注意ください。また、ご購入(約定)となりました場合、上場後初値がついた日の翌営業日から、委託保証金代用有価証券としてのお預りとなります。補欠当選された場合で最終的にご購入(約定)とならなかった場合には、一定期日以降「現物買付余力」が戻ります。なお、新規上場銘柄を買付される場合につきましても、委託保証金代用有価証券として評価されるのは、初値がついた日の翌営業日からとなります。尚、売買に関する規制措置(初値決定日の買付について買付顧客から買付代金の即日徴収、初値決定日までの売買について成行買の禁止等)が実施された銘柄を買付された場合、信用取引をご利用のお客さまにつきましては代用有価証券として評価を行うのは受渡日(約定日から3営業日後(PTSでは4営業日後)。
 
※代用有価証券の銘柄が重複上場している場合、当社の定める優先市場における値を評価単価とさせていただきます。
※ETF・REIT・ETN・上場投資信託・投資証券・優先出資証券につきましては株式と同様に代用有価証券としてお取扱いいたしますが、外国市場に重複上場している等の影響により基準値段が変動する銘柄は代用有価証券となりません。
※当社判断等により適格除外とした上場銘柄(国内株式)および投資信託につきましては代用有価証券となりません。

※下記の有価証券は、当社におきましては代用有価証券となりません。

1. 当社インターネット非取扱市場(東証1部・2部上場の外国株式銘柄/旧東証外国部銘柄)銘柄
2. NISA預りの有価証券および課税ジュニアNISA口座の特定預り/一般預りの有価証券
3. 貸株サービスにて貸出中の有価証券(強制返却中の保護預り有価証券を含む)
4. MMF・中期国債F
5. 外貨建MMF・外国株式
6. 利付国債、個人向け国債、割引金融債、転換社債型新株予約権付社債、一般債、仕組債、外債などの債券
7. eワラント

これらの商品に関しましては、現物買付余力の範囲内でお買付することができますが、当社では代用不適格として取扱っております。お買付後、代用有価証券にならないため、急激に委託保証金率が低下することが考えられます。十分にご注意ください。