ヘルプ−先物・オプション取引

呼値・制限値幅

投資者保護の観点から値幅制限を設けております。

呼値の単位 (立会市場)

銘柄名 呼値の単位
日経225先物 10円
ミニ日経225先物 5円
TOPIX先物 0.5ポイント
ミニTOPIX先物 0.25ポイント
日経平均VI先物 0.05ポイント
TOPIX core30先物 0.5ポイント
東証REIT指数先物 0.5ポイント
東証マザーズ指数先物 0.5ポイント
JPX日経400先物 5ポイント
NYダウ先物 1ポイント
台湾加権指数先物 1ポイント
FTSE中国50先物 5ポイント
日経225オプション
(Weeklyオプション含む)
100円以下 :1円
100円超1,000円以下 :5円
1,000円超 :10円 
TOPIXオプション 20ポイント以下:0.1ポイント
20ポイント超:0.5ポイント
JPX日経400オプション 50ポイント以下:1ポイント
50ポイント超:5ポイント

呼値の単位 (J-NET市場)

商品 呼値
日経225先物 1円
ミニ日経225先物
TOPIX先物 0.1ポイント
ミニTOPIX先物 0.05ポイント
JPX日経400先物 1ポイント
日経225オプション 0.01円

※J-NETクロス指定で優先するを選択して発注し、J-NET市場での約定時は、上記呼値単位となります。
※注文入力時はJ-NET市場の呼値単位はご指定できませんのでご注意ください。

制限値幅

指数先物・オプション取引における呼値の制限値幅は、取引対象指数が同一の商品ごとに設定します。サーキットブレーカーが発動して、取引を一時中断した場合には、中断中に制限値幅の上限又は(及び)下限を1取引日中に同一方向に段階的(第一次制限値幅、第二次制限値幅)に拡大していきます。

商品 通常値幅 第一次拡大制限値幅 第二次拡大制限値幅
日経225先物(ラージ/ミニ)
TOPIX先物(ラージ/ミニ)
TOPIX Core30先物
東証REIT先物
JPX日経400先物
東証マザーズ指数先物
8% 12% 16%
日経平均VI先物 10pt 5ptずつ拡大
NYダウ先物 7% 13% 20%
FTSE中国50先物 10% 15% 20%
台湾加権指数先物 10% - -
日経225オプション(※Weeklyオプション含む) 50円未満:4% 50円以上、200円未満:6% 200円以上、500円未満:8%
500円以上:11%
TOPIXオプション 5ポイント未満:4% 5ポイント以上、20ポイント未満:6% 20ポイント以上、50ポイント未満:8%
50ポイント以上:11%
JPX日経400オプション 50 ポイント未満:4%
50 ポイント以上、200 ポイント未満:6%
200 ポイント以上、500 ポイント未満:8%
500 ポイント以上 :11%
50 ポイント未満:7%
50 ポイント以上、200 ポイント未満:9%
200 ポイント以上、500 ポイント未満:11%
500 ポイント以上 :14%
50 ポイント未満:10%
50 ポイント以上、200 ポイント未満:12%
200 ポイント以上、500 ポイント未満:14%
500 ポイント以上 :17%

※実際に適用する値幅は上記の算出比率に基づき、四半期ごとに大阪取引所が算出して公表いたします。詳細につきましては、下記大阪取引所WEBサイトをご確認ください。
新しいウィンドウで開きます。即時約定可能値幅制度・制限値幅・サーキットブレーカー制度(大阪取引所のWEBサイト)
現在の制限値幅
新しいウィンドウで開きます。先物価格情報(大阪取引所のWEBサイト)
新しいウィンドウで開きます。オプション価格情報(大阪取引所のWEBサイト)

即時約定可能値幅(DCB 値幅)制度

誤発注等による価格急変防止の観点から、以下の値幅(即時約定可能値幅)を超えて上昇または下落する注文が発注された場合、値幅の範囲内で対当できる数量を約定させたうえで、取引が一時中断されます。

統合後
基準となる値段 即時約定可能値幅 中断時間
日経225先物 直近約定値段 上下 0.8% 30秒間
ミニ日経225先物
TOPIX先物
ミニTOPIX先物
東証マザーズ指数先物 最良気配仲値
TOPIX Core 30先物
東証REIT先物
JPX日経400先物
NYダウ先物 上下 1%
FTSE中国50先物
台湾加権指数先物
日経平均VI先物 上下 10tick
日経225オプション
(※Weeklyオプション含む)
直近約定値段 15秒間
TOPIXオプション 最良気配仲値
JPX日経400オプション

サーキットブレーカー制度

サーキットブレーカーとは、相場過熱時に取引を一時中断することで投資家の過熱感を鎮め、冷静な判断の機会を設けるための制度です。
次の(1)及び (2) の条件を満たした場合、サーキットブレーカーが発動(注1)し、取引が10分間中断し、制限値幅の拡大(注2)が行われます。
(1) 中心限月において、制限値幅の上限(下限)値段に買呼値(売呼値)が提示された場合(取引が成立した場合を含む)
(2) その後1分間以上、制限値幅の上限(下限)値段から一定値幅の範囲外の値段で取引が成立しない場合

(注1)次のいずれかの条件に該当した場合は、サーキット・ブレーカーの発動(取引の中断)及び制限値幅の拡大は行われません。
・制限値幅が最大値幅まで拡大された場合
・日中立会及び夜間立会のザラバ終了時刻から20分前以降※に発動基準に該当した場合
(日中立会では14:50〜15:10、夜間立会では5:05〜5:25)
(注2)制限値幅の拡大は、サーキットブレーカーの発動状況に応じて、段階的に拡大します。

詳細につきましては、下記大阪取引所WEBサイトをご確認ください。
「即時約定可能値幅制度・制限値幅・サーキットブレーカー制度」(大阪取引所のWEBサイト)

・日中立会及び夜間立会のザラバ終了時刻から20分前以降※に発動基準に該当した場合
(日中立会では14:50〜15:10、夜間立会では5:05〜5:25)