ヘルプ
貸株振替
こちらでは、信用取引の代用有価証券を貸株に振替えることができます。また、貸株中の株券を代用有価証券に振替えることができます。
※代用不適格銘柄等の事由により保護預りとなっている株券につきましても、貸株へ振替えることができます。

 代用有価証券から貸株への振替 (貸株へ振替)
代用有価証券から貸株への振替指示は、振替えにより代用有価証券から除外される振替指示受付日の2営業日後以降の最も低い予定委託保証金率が33%を超える場合に行うことが出来ます。原則として、毎営業日16:00頃までに振替指示をされた場合、2営業日後に代用有価証券から貸出され貸株金利が付きます。
※代用有価証券から貸株に振替えた銘柄(振替指示を行っていない異なる預り区分の代用有価証券を含む。)は、振替指示確定日の夕方値洗い処理時点から取引実行日(振替指示確定日の2営業日後)の夕方値洗い処理時点までの間、代用有価証券の掛目が0%で計算されます。また、貸株中の有価証券は、代用有価証券から除外されます。この影響により保証金維持率が低下し、状況によっては追加保証金(追証)が必要となる場合がありますので、充分にご注意ください。
※当日買付・現引された株式を受渡日から貸出しされる場合は、約定時点から当日16:00頃までにお振替いただく必要がございます。(PTS取引のナイトタイムセッションで買付した株式は、翌営業日の16:00頃まで)

 貸株から代用有価証券への振替 (信用代用へ振替)
貸株中の株券は信用取引の代用有価証券となりません。信用取引の代用有価証券としてご利用になる際は、貸株から信用代用へ振替えください。原則として、毎営業日16:00頃までに振替指示をされた場合、2営業日後に貸出解除され代用有価証券となり、貸株金利は付かなくなります。
※信用代用有価証券不適格銘柄について貸株から信用代用へ振替指示された場合、保護預りになります。

 操作方法
ログイン後、「口座管理」タブを選択し、「貸株」>「貸株振替」をクリックします。

 貸株振替画面 (初期表示時は、銘柄コード>預り区分順で100件まで表示されます)
※NISA預り・ジュニアNISA口座−NISA預り・ジュニアNISA口座−特定預り・ジュニアNISA口座−一般預りは、貸株サービス対象外のため表示されません。
※項目名をクリックすると選択された項目順に並び替え(昇順・降順)することができます。
※項目による並び替え、表示明細ページの遷移、表示件数の変更、振替先指定の変更を行った場合、入力された振替株数はクリアされます。
※1ページあたりの表示件数を20件/50件/100件から選択することが出来ます。(それ以降は次ページで表示)

1.「振替先指定」より振替先をご選択ください。(初期表示時は「貸株へ振替」が選択されております)
・「貸株へ振替」…代用有価証券を貸株へ振替えます。
・「信用代用へ振替」…貸株を代用有価証券へ振替えます。

2.振替えいただく銘柄の「振替株数」欄に株数をご入力ください。
・「貸株へ振替」選択時…「振替可能株数」に表示されている全株数をご入力ください。(「貸株へ振替」選択時は一部株数の振替えは出来ません。)
・「信用代用へ振替」選択時…振替可能株数・振替単位をご確認のうえ、株数をご入力ください。(「信用代用へ振替」選択時は1単元単位(売買単位)で振替えいただけます。)
※振替株数入力後【余力確認】をクリックすると、振替指定内容実行前後の信用建余力・代用評価額・委託保証金率をシミュレーションすることができます。振替方向によっては、信用建余力等への反映は振替実行後もリアルタイムでは反映しないことがあります。
※【▼全株指定】をクリックすると、画面上に表示されている全銘柄の振替株数欄に振替可能株数が自動的に入力されます。(画面に表示されていない銘柄は自動入力の対象外となります)

3.【振替確認画面へ】をクリックすると「貸株振替設定変更確認」画面に遷移します。


 貸株振替設定変更確認画面
4.振替先・振替銘柄・株数等を再度ご確認ください。
ご確認後、「取引パスワード」を入力の上【振替実行】をクリックしてください。
振替指示が受付られると「貸株振替設定変更受付」画面が表示されます。

 貸株振替設定変更受付画面
※振替えた銘柄・株数は、毎営業日16:00頃に確定いたします。(システム状況等により遅延する場合がありますので、必ず受付完了画面に表示されている日付をご確認ください。)
※振替指示の取消は、当日(営業日)16:00頃まで行うことができます。詳細はこちら
※振替状況は「振替画面」にて振替中の株数をご確認いただけます。

 振替指示画面>振替先指定「貸株へ振替」選択時画面

 振替指示画面>振替先指定「信用代用へ振替」選択時画面

 項目説明
 振替指示前後余力確認
信用建余力 振替指示前 当日の信用建余力を表示
振替指示後 入力された振替指示全てが行われた場合の予定信用建余力をシミュレーションとして表示
代用評価額 振替指示前 2営業日後の代用有価証券評価額合計を表示
振替指示後 入力された振替指示すべてが行われた場合の2営業日後の予定代用有価証券評価額合計をシミュレーションとして表示
委託保証金率 振替指示前 2営業日後の委託保証金率を表示
振替指示後 入力された振替指示全てが行われた場合の2営業日後の予定委託保証金率をシミュレーションとして表示
※「振替指示後」の「代用評価額」「委託保証金率」は振替完了日の評価額・保証金率をシミュレーション表示しております。
※締切時間(毎営業日16:00頃)以降の振替は、翌営業日扱いとなります。
※各項目の詳細はこちらをご確認ください。

 振替先指定
貸株へ振替 代用有価証券を貸株へ振替える場合に選択
信用代用へ振替 貸株を代用有価証券へ振替える場合に選択
※代用不適格銘柄等の事由により保護預りとなっている株券につきましても、貸株へ振替えることが出来ます。
但し、「コーポレートアクション」または「株主優待自動取得サービス」により、貸株から返却された保護預り有価証券につきましてはお振替することが出来ません。 (この場合「貸株振替」画面に「強制返却中」と表示されます)
※信用代用有価証券不適格銘柄について貸株から信用代用へ振替指示された場合、保護預りになります。

 振替株数指定
銘柄 銘柄名・銘柄コード ※銘柄名をクリックすると個別株価情報画面に遷移します
預り区分 特定預り・一般預りの別を表示
※特定口座を開設されている場合は、それぞれの預り区分(特定預り・一般預り)ごとに分けて表示されます。(NISA預り・ジュニアNISA口座−NISA預り・ジュニアNISA口座−特定預り・ジュニアNISA口座−一般預り)は、貸株サービス対象外のため表示されません。
保有株数 当該銘柄の預り区分毎のお預り株数
(うち信用代用):「貸株へ振替」選択時
(うち貸株) :「信用代用へ振替」選択時
保有株数の内、信用取引の代用有価証券の株数を表示
保有株数の内、貸株の株数を表示
貸株振替中:「貸株へ振替」選択時
代用振替中:「信用代用へ振替」選択時
信用代用から貸株に振替中の株数を表示
貸株から信用代用に振替中の株数を表示
貸株金利 2営業日後の適用金利を参考表示 
(適用金利の日付は、銘柄一覧上段の説明文中に表示されております)
振替可能株数 振替可能な株数を表示
(余力や委託保証金率等の口座状況は考慮されておりません)
(振替単位) 「信用代用へ振替」選択時は、表示されている1単元単位(売買単位)でお振替えいただけます。)
振替株数 振替株数を入力 (振替可能株数・振替単位にご注意ください)
※「貸株へ振替」選択時は、「振替可能株数」に表示されている全株数をご入力ください(「貸株へ振替」選択時は、一部株数の振替えは出来ません)
※振替不可な預り明細にはその事由 (「貸株非対象」、「強制返却中」等) を表示
貸株振替総額 前営業日の終値(基準価格)×振替株数で算出した概算金額
保証金増減 前営業日の終値(基準価格)×振替株数×当該銘柄の代用掛目で算出した概算金額
概算受取金利/日 1日あたりに受け取る概算貸株金利を表示(貸株解除時はマイナス表示)
[計算式]振替株数×前営業日の終値(基準価格)×貸株金利÷365(小数点以下切捨て)
保証金増減合計 保証金増減の合計金額
概算受取金利合計/日 概算受取金利/日の合計金額

 信用取引口座における貸株振替に関する注意事項
代用有価証券から貸株への振替指示は、振替えにより代用有価証券から除外される振替指示受付日の2営業日後以降の最も低い予定委託保証金率が33%を超える場合に行うこと出来ます。
※預り金不足や追加保証金(追証)が発生している場合など、当社所定の基準に接触した場合は、貸株への振替指示を行うことが出来ない場合がございます。
※代用有価証券から貸株に振替えた銘柄(振替指示を行っていない異なる預り区分の代用有価証券を含む。)は、振替指示確定日の夕方値洗い処理時点から取引実行日(振替指示確定日の2営業日後)の夕方値洗い処理時点までの間、代用有価証券の掛目が0%で計算されます。また、貸株中の有価証券は、代用有価証券から除外されます。
※追加保証金(追証)発生後に、貸株から代用有価証券に振替指示を行っても代用有価証券に返還されますのが、2営業日目以降となるため、当該追加保証金(追証)の解消期限には間に合いません。信用取引口座(委託保証金率)の管理には十分ご注意ください。
※振替指示後、相場変動等により、委託保証金率が33%を割り込んだ場合でも振替えが取り消されることはございません。
※単元未満株は貸株非対象銘柄の為、振替出来ません。(「保有株数」に表示されている株数は合計株数表示となっております。振替可能株数をご確認ください。)
※代用有価証券におきましては当社判断により代用掛目が変更される場合があります。また、当社信用取引規制により代用有価証券不適格となる場合があります。当社信用取引規制銘柄はこちらをご確認ください。
※「コーポレートアクション」または「株主優待自動取得サービス」により、貸出中の株券をお客様に返却する際は、保護預りとしてご返却いたします。(この場合「貸株振替」画面に「強制返却中」と表示されます。
※上記事由により貸株から返却された保護預り有価証券につきましては振替えることが出来ません。
※「貸株振替」画面は、信用取引口座を開設されているお客様向けのサービスとなります。現物口座のお客様で、お預かり明細(銘柄・預り区分)毎に、貸出設定(全て貸出しない/一部数量のみ貸出ししない)される際は、「口座管理」>「口座(円建)」>「貸株」>「貸株残高」画面よりお手続きください。詳細はこちら