お取引注意事項 ご注文の際は商品別の「ご注意事項」を必ずご確認ください
SBI証券

つみたてNISA取引のご注意事項

つみたてNISAでお取引いただく際は、下記のご注意事項についてご確認いただき、十分ご理解のうえ、お取引ください。

「つみたてNISA」はNISA口座に設定できる口座の種類(勘定)の一つです。同一年において「NISA」か「つみたてNISA」か選択いただく必要があります。「つみたてNISA」での投資可能枠は年間40万円になります。

1.つみたてNISA投資可能額

つみたてNISA投資可能枠40万円から、下記の金額を差し引いた残額が、つみたてNISA投資可能額となります。

  • その年のつみたてNISA預りでの買付代金
  • つみたてNISA預りでの未約定注文における拘束金額

なお、その年に使用しなかったつみたてNISA投資可能額を翌年に繰り越すことはできません。 また、つみたてNISA投資可能額を利用して買付した商品を売却したとしても、使用したつみたてNISA投資可能額の再利用はできません。

つみたてNISA預りの買付余力について

つみたてNISA預りで買付できる余力は、以下のうち何れかの少ない額となり、これを超過する注文は原則として受付されません。

  • 買付時点でのつみたてNISA投資可能額
  • 各商品に使用できる買付余力

手数料の取扱いについて

つみたてNISA投資可能枠の計算には取引時に発生する手数料等の費用は含まれません。
※つみたてNISA対象の投資信託の買付手数料はかかりません。

つみたてNISAでご利用いただけないサービス

つみたてNISA預りの有価証券は下記のサービスにはご利用いただけません。

  • 信用取引の代用有価証券
  • 証券担保ローン(コムストックローン、ソーシャルレンディング)

2.対象商品

金融庁に届出がされ、当社で取扱のある投資信託が対象となります。

つみたてNISAのサービス提供チャネルについて

メインサイト(WEBサイト)

※カスタマーサービスセンターでもお取引いただけます。

投資信託の口数買付・金額買付について

つみたてNISAにおける買付方法は定期的に継続した買付(積立買付)である必要があり、「口数買付」、および「金額買付」でのお買付はできません。当社においては「つみたてNISA専用設定画面」にてお買付を受付いたします。
なお、分配金受取方法(受取または再投資)を選択することができます。また、購入後や現在保有している投資信託につきましても分配金受取方法(受取⇔再投資)を変更することが可能です。

分配金受取り方法変更の詳細はこちら 新しいウィンドウで開きます。

【各種取引方法】

NISA口座 特定/一般口座
つみたてNISA預り NISA預り
金額買付 ×
口数買付 × ×
積立買付

NISA口座(NISAまたはつみたてNISA)の買付可能枠を超過した積立買付の注文の失効について

NISA口座(NISAまたはつみたてNISA)の投信買付可能枠の判定について、積立買付注文を行うごとに超過の判定を行います。買付可能枠を超過した注文につきましては失効となります。なお、投信積立の注文が失効されましても積立設定は解除されませんので、解除をご希望の方はご自身で設定解除を行っていただきますようお願いいたします。

投信積立の設定中のご確認とご変更については下記をご覧ください。
「口座管理」>「お客さまの積立投信の設定詳細はこちら 新しいウィンドウで開きます。

つみたてNISAで発生した投資信託分配金の再投資

つみたてNISAでお買付けいただいた投資信託で、分配金の再投資コースをお選びの場合、分配金はつみたてNISA預りでの再投資か、課税口座(特定口座または一般口座)での再投資かをお客さま自身で設定いただけます。

ただし、その再投資する年において口座の種類(勘定)が「NISA」である場合には再投資することはできません。
詳しくは、こちらをご確認ください。 新しいウィンドウで開きます。

NISA口座(NISA・つみたてNISA預り)と課税口座(特定預り・一般預り)に同一銘柄の投信の保有がある場合、個別元本の合算について

AファンドをNISA口座で保有しており、さらに課税口座(特定預り・一般預り)のいずれかでも保有されている場合、NISA口座と課税口座(特定預り・一般預り)の個別元本はそれぞれ合算されて算出されます。

3.その他の注意事項

ロールオーバーについて

NISAからつみたてNISAへのロールオーバー、つみたてNISAからNISAへのロールオーバーは制度上認められていません。
ロールオーバーによって預りを移管しようとする年において、NISA口座に「つみたてNISA」が設定されている場合には、ロールオーバーをお受付することができません。

NISA口座(NISA預り・つみたてNISA預り)から一般口座または特定口座への移管

NISA口座(NISA預り・つみたてNISA預り)で保有する金融商品は一般口座や特定口座に移管することができます。
なお、実際にお買付けされた価格や日ではなく、制度上、移管した金融商品の取得価格は移管日の終値に、取得日は移管日となります。

  • 事前に当社で特定口座を開設していただく必要があります。
  • 同一年分のNISA・つみたてNISA預りで保有されている同一銘柄は分割して移管することはできません(仮に10,000口を保有している場合には、5,000口のみを特定口座に移管することはできず、10,000口すべてが移管されることとなります)。
  • 一度NISA口座から一般口座、特定口座へ移管した銘柄を再度、NISA口座に移管することはできません。
  • NISA口座から一般口座、特定口座への移管をご希望の場合は、各コースのお問い合わせ先 新しいウィンドウで開きます。にご連絡ください。
  • ※一般口座または特定口座からNISA口座への移管はできません。

他社口座への出庫

当社のNISA口座で保有する銘柄の他社への移管を希望される場合には、一旦、当社一般口座もしくは特定口座に移管した後にお手続ください。

贈与の取扱い

NISA口座で保有する銘柄は贈与することができません。
贈与をご希望の場合には、一旦、当社一般口座もしくは特定口座に移管してください。

NISA口座の解約

下記の場合にはNISA口座が解約されます。
非居住者となった場合
死亡した場合

※出国日または死亡日が口座解約日となり、当該日以降にNISA口座で保有する銘柄に売却益、配当金が発生していた場合には、遡及されます。


 ページトップへ