ヘルプ−CFD取引
SBI証券

注文種類

単一注文

単一注文とは、成行注文、指値注文、逆指値(ストップ)注文、ストップリミット注文、全決済注文の総称をいいます。

(1)成行注文 価格を指定せず、取引数量や買い/売りなどの他の条件を指定して売買する注文方法です。
(2)指値注文 あらかじめ価格を指定し、指定価格またはそれよりも有利な価格になった時点で約定させる注文方法です。
(3)逆指値注文(ストップ注文) あらかじめ価格を指定し、気配値が指定した価格以上に上昇した時には買いの成行注文、指定した価格以下に下落した時には売りの成行注文が行われる予約注文です。
(4)ストップリミット注文 あらかじめストップ価格とリミット価格を指定し、気配値がストップ価格に到達した場合にリミット価格での指値注文が発注される予約注文です。ストップ価格には現在の気配より不利な価格を指定します。
リミット価格は自由に設定しますが、ストップ価格より有利な価格に設定する場合は約定が成立しないことがあります。
  • ※ストップ価格とは、現在価格よりも不利な方向で一定水準に達した価格です。
  • ※リミット価格とは、現在価格よりも有利な方向で一定水準に達した価格です。
(5)一括建玉決済 すべての保有建玉を一括で決済する注文です。

複合注文

複合注文とは、OCO注文、IFD注文、IFDOCO注文、トレール注文、FIFO注文、日計りFIFO注文の総称をいいます。

(1)OCO注文 指値と逆指値、2つの注文を組み合わせて発注し、一方の条件を満たすと、もう一方の注文が自動的に取消される注文です。
2つの注文は同一銘柄である必要があります。
(2)IFD注文 「新規建の売買注文の発注」と「その注文が約定した場合にその建玉を決済する注文の発注予約」を同時に行う注文方法です。
予約した決済注文は、新規注文の約定後、自動的に発注されます。
  • ※新規注文は、成行、指値、逆指値のいずれか、決済注文は、指値、逆指値、トレールのいずれかが選択可能です。
(3) IFDOCO注文 「新規の売買注文の発注」と「その注文が約定した場合にその建玉を決済する2つの注文の発注予約」を同時に行う注文方法です。
予約した決済注文は、新規注文の約定後、自動的に発注され、一方の決済注文が成立した場合は、もう一方の決済注文は取消されます。
  • ※新規注文は、成行、指値、いずれかが選択可能です。
(4)トレール注文 発注した逆指値注文に値幅指定を追加する注文です。
逆指値を注文するときに値動きによって売り逆指値価格を引き上げたり、買い逆指値価格を引き下げたりします。
(5)FIFO注文 保有している建玉のうち、古い建玉から決済注文を行い、入力された取引数量が、保有する建玉数量より多かった場合、取引数量と建玉数の差分を新規注文として発注する注文方法です。
(6)日計りFIFO注文 保有している建玉のうち、当日に約定した建玉を優先して決済注文を行い、入力された取引数量が、保有する建玉数量より多かった場合、取引数量と建玉数の差を新規注文として発注する注文方法です。

ストリーミング注文

指定されている「買気配」と「売気配」を同時に表示し、「買気配」または「売気配」をクリック、またはタップすることで取引を約定する注文方法です。

  • ※ストリーミング注文はザラバ中のみ発注可能となります。

建玉整理

「両建てをしている建玉を同時に決済したい」というときに使う注文方法で同じ銘柄の買い建玉と売り建玉を同時に保有している状態(両建て)のときに、同じ枚数の買い建玉と売り建玉を相殺することで決済できる注文です。買建玉、売建玉をそれぞれ決済しようとすると価格変動がなくてもスプレッド分のマイナスが生じますが、建玉整理の場合は、建玉同士を相殺して仲値で決済をおこなうため、スプレッドによるマイナスが生じません。

  • ※建玉整理には手数料がかかりません。