買建玉の返済売を行う

買建で保有している信用銘柄の返済売り注文を出してみましょう。

補足
  • ここでは、「個別銘柄」画面内の取引エリアからの操作方法を例に説明します。ほかの取引エリア/画面からも同様に操作できます。
  • 設定項目により、画面やボタン名が異なる場合があります。

返済売り注文を出す

1. 取引エリアの「返済売」タブで、「返済売」を選択する
2. 返済する建玉の指定方法を選択する

「一括指定」を選択すると、同一の銘柄/預り区分/期限の建玉をまとめて返済します。

「個別指定」を選択すると、建玉ごとに注文株数を入力して返済します。

3. 返済順序を選択する
「一括指定」の場合

「個別指定」の場合は、選択した順番で建玉明細を並び替えることができます。

4. 株数を入力する

「全株」をクリックすると、注文可能な全株数が入力されます。

5. 「通常注文」または「逆指値注文」を選択する

逆指値注文の場合は、「逆指値へ」ボタンをクリックします。

逆指値注文を通常注文に戻す場合は、「通常注文へ」ボタンをクリックします。

重要 市場に「SOR」が選択されている場合は、逆指値注文が選択できません。銘柄情報エリアで、市場を「東証」に切り替えて注文してください。
6. 注文の有効期限を選択する
補足
  • 注文の有効期限は、最長15営業日まで指定可能です。
  • 決算銘柄や権利付き銘柄の注文の場合、権利付き最終日と権利落ち日をまたぐ期間は、15営業日以内であっても有効期限として選択できません。
7. 「指値」または「成行」を選択する

逆指値注文の場合は、「現在値」に参照価格を入力し、「以上」/「以下」を選択します。

8. 「指値」の場合は、価格を入力する
9. 執行条件を設定する
重要 市場に「SOR」が選択されている場合は、執行条件付き注文が選択できません。銘柄情報エリアで、市場を「東証」に切り替えて注文してください。
10. 注文内容の入力が終わったら、「確認へ」ボタンをクリックする

「注文確認」画面が表示されます。

11. 「注文発注」ボタンをクリックする

取引パスワードを保存していない場合は、取引パスワードを入力してください。

「注文受付」画面が表示され、注文が完了します。