お取引注意事項 ご注文の際は商品別の「ご注意事項」を必ずご確認ください
SBI証券

外貨建債券のご注意事項

買付のお申込みに関するご注意事項

  • 債券は金利の上昇等による債券価格の下落や発行体の信用状況の悪化等により損失を被ることがあります。ご投資に際しましては、外国証券の国内店頭取引についてを十分ご理解いただいた上でお取引ください。
  • 当社募集期間中に複数回お申し込みされた場合は、「追加のお申し込み」となります。
  • お申し込み受付完了後(約定後)のキャンセルはできませんので予めご了承ください。外貨決済により外貨建商品のお取引口座にある外貨預り金よりお申し込みされる場合、お申し込み時点で約定となります。円貨決済により証券総合口座のMRF、円貨預り金、保証金よりお申し込みされる場合、為替取引の成立時点で外貨建債券の約定となります。信用取引新規建または返済等によって必要保証金が増加したことや現物取引の日計り取引を行ったこと等により、為替取引の約定金額確定時における証券総合口座からの出金可能額が減少した場合、日本円のお預り残高が不足することとなり、原則として為替取引が約定とならない場合があります。この場合、外貨建債券のお申し込みのご注文も失効します。
  • 円貨決済を指定された場合、お申し込み受付完了と同時に証券総合口座よりご購入代金分(為替取引額分)を出金可能額から拘束させていただきます。外貨決済を指定された場合、お申し込み受付完了と同時に外貨建商品のお取引口座よりご購入代金分を買付余力から拘束させていただきます。
  • 株式やその他商品を売却した代金を使ってご購入する際は、権利・配当落ちや休場日等の事由に伴う受渡日の関係や余力へ反映するタイミングによってはお取引いただけない場合もございますので、為替取引の受渡日、商品毎の受渡日は予め十分にご注意ください。
  • 外貨建債券のお申し込みにおける円貨決済の取扱は、外貨建債券の円貨決済指定時のご注意事項をご確認ください。
  • 当社取扱の外貨建債券(一部円貨建債券も含む)につきましては、合衆国1933年証券法(その後の改正を含む。)(以下、米国証券法といいます。)に基づく登録はなされておらず、また今後登録がなされる予定もありません。米国証券法では米国証券法に基づき登録を行なうか叉は登録義務の免除を受ける場合を除き、米国内若しくはその属領において叉は米国人に対し、有価証券の募集、売出しまたは売付けを行なってはならないこととされています。また、米国以外の国の証券法(同様の法令を含む。)においても類似の規制が課せられている、あるいは今後課せられる可能性も排除できないことから、当社では国籍の登録をお願いしております。
  • 外貨建債券の注文入力画面から為替取引にて外貨を買い増す場合において、為替取引は営業日の1日2回定められた時間に約定となります。そのため、為替取引をお申込みいただいても、買付余力に反映するのは為替取引の約定後となりますのでご注意ください。またその間に債券が完売の場合であっても、為替取引は無効となりませんのでご注意ください。

既発債のお申し込みについて

  • ご注文はインターネットおよびカスタマーサービスセンターにて外貨建債券のリーブオーダーサービスの受付時間内において受付いたします。(リーブオーダーサービスとは、当社が提示した買取価格または販売価格で、お客さまが売りまたは買い注文を発注する場合において、相場動向と提示した価格との乖離が一定の範囲内であった場合、約定が成立するサービスです。)
  • 受付時間前の価格を参考に提示しているため、相場急変時等、当社が判断した場合は約定とならない場合があります。
  • お申し込み受付完了と同時に証券総合口座よりご購入代金分を出金可能額から拘束させていただきます。
  • 株式やその他商品を売却した代金を使ってご購入する際は、権利・配当落ちや休場日等の事由に伴う受渡日の関係や余力への反映するタイミングによってはお取引いただけない場合もございますので、為替取引の受渡日、商品毎の受渡日は予め十分にご注意ください。

売却のお申し込みについて

  • ご注文はインターネットおよびカスタマーサービスセンターにて外貨建債券のリーブオーダーサービスの受付時間内において受付いたします。なお、リーブオーダーサービスにおける外貨建債券の売却のお申し込みは、リーブオーダーによるお申し込みとなります。(リーブオーダーサービスとは、当社が提示した買取り価格または販売価格で、お客さまが売りまたは買い注文を発注する場合において、相場動向と提示した価格との乖離が一定の範囲内であった場合、約定が成立するサービスです。)
  • 原則として、途中売却が可能です。なお、売却代金の受渡日は途中売却請求日から3営業日後になります。また、償還の場合は、償還日の4〜6営業日前から途中売却はできません。
  • 当社の営業日であっても、外貨建債券の流動性、システムメンテナンス等の理由により売却の受付ができない場合があります。
  • 外貨建債券リーブオーダーサービスにおいては売却受付上限金額を設けておりますので、上限金額に達した場合はご注文をお受けできませんので予めご了承ください。

手数料等について

  • 外貨建債券を売買する場合は、その対価(購入対価・売却対価)のみを受払いいただきます。尚、外貨建債券を円貨決済にて購入される場合、為替取引には為替手数料がかかります。

債券投資のリスクについて

  • 債券の価格は、市場の金利水準の変化に対応して変動しますので、償還前に換金する場合には、損失が生じるおそれがあります。
  • 外貨建債券は、為替相場の変動等により損失が生じるおそれがあります。
  • 詳しくは、外国証券の国内店頭取引についてをご覧ください。

利金、および償還金について

利金、および償還金は外貨建でお客さまの外貨建のお取引口座に支払われます。ただし、外貨建債券利金償還金受取方法指定画面において「円貨で受取」を選択されている場合、国内支払日における前営業日の19:00〜21:00頃のバッチ処理において、利金、または償還金相当の外貨を売却し、円貨を買付ける為替取引を自動的に注文いたします。なお、為替取引による為替取引約定日、為替取引受渡日、約定レート等の諸条件は為替取引説明書をご確認ください。

  • 外貨建債券利金償還金受取方法は、利金、または償還金において、「円貨で受取」「外貨で受取」「外貨建MMF自動買付」のいずれかを選択いただけます。変更、または設定の確認は、外貨建債券利金償還金受取方法指定画面をご利用ください。
  • 外貨建債券は国内円貨建債券とは異なり、利金、および償還金のお受取りは、原則、現地利払日、および償還日の翌営業日(現地利払日及び償還日が銀行休業日の場合、翌銀行営業日)以降の当社営業日(国内支払日)となります。したがいまして、外貨建商品のお取引口座への反映は、現地支払日から通常2・3日程度かかります。

課税関係について

  • 個人のお客さまの場合、利金、償還損益および譲渡損益は20%(所得税15%および住民税5%)の税率の申告分離課税の対象となります。
    2013年から2037年までの確定申告の際には、上記の所得税と併せて合計所得税額に2.1%を乗じて計算した復興特別所得税の申告・納付が必要になります。
  • 源泉徴収において適用される源泉徴収税率は、20.315%(所得税、復興特別所得税15.315%および住民税5 %)になります。
  • 法人のお客さまの場合、利金に適用される源泉徴収税率は、15.315%(所得税および復興特別所得税)になります。
  • 将来において税制が変更される可能性があります。また、お客さまによっては取扱が異なる場合がありますので、個々のお取扱につきましては個別に所轄税務署にご確認ください。


 ページトップへ