ヘルプ−外国為替保証金取引
トレール注文
逆指値注文に値幅指定機能を追加する注文です。逆指値を注文するときに値動きによって売り逆指値価格を引き上げたり、買い逆指値価格を引き下げたりする注文です。
例)現在値 売 (Bid)100円のときに「99.50円の逆指値売注文」に50銭のトレール幅を設定した場合。
例えば、買建玉を保有している場合「発注以降の価格上昇により順次更新された高値100.30円(発注時点の高値はその時点の相場※Bid)から50銭(トレール幅)下がった99.80円の時点で成行で売る」という指示が出せる機能です。

 項目説明・発注方法
(1)商品
SBI FX αもしくはSBI FX ミニを選択。
(2)通貨ペア
プルダウンメニューより通貨ペアを選択。
(3)注文パターン
注文パターンはトレールを選択。
(4)取引
「新規買」、もしくは「新規売」を選択。
(5)執行条件
トレール注文の執行条件は、逆指値となります。
(6)価格
テキストボックスに指定価格を入力 (右側ボックスに小数点以下の単位入力)
例:105円50銭で買いの指値価格を入力する場合。
(7)トレール幅
テキストボックスにトレール幅を入力 (右側ボックスに小数点以下の単位入力)
例:1円50銭でトレール幅を入力する場合。
(8)数量
取引単位数を入力する(正の値のみ)。
※取引単位詳細については、右横の「取引単位について」をクリックして確認。
(9)期間
GTC(無期限)を指定するか、期間選択を指定し注文執行の有効期限をプルダウンメニューより選択してください。
期間指定は最長で1ヵ月可能です。
(10)注意事項/取引パスワード
必ず「注意事項」を確認の上お取引を行ってください。注文入力が終了したら、「取引パスワード」を入力し【注文確認画面へ】のボタンを押下
※注文確認画面省略の場合には、省略のチェックボックスを選択し、【注文発注】ボタンを押下
※取引パスワードを保存し、注文確認画面を省略すると、通常の取引画面からは、必要事項を入力後に発注ボタンを押下すると発注が可能となります。取引の際には取引画面をよくご確認のうえ十分注意して発注ください。
【注文発注】ボタンを押下すると、「注文受付」画面が表示されます。ご注文が正しく発注されたことを「注文照会(取消・訂正)」画面でご確認ください。

 
 ページトップへ