お取引注意事項 ご注文の際は商品別の「ご注意事項」を必ずご確認ください
SBI証券

PTS(私設取引システム)取引ルール

  • SBIジャパンネクスト証券株式会社(以下、「ジャパンネクスト社」といいます。)が運営する私設取引システム(以下、「PTS」といいます。)における取引は、日本証券業協会の定める「上場株券等の取引所金融商品市場外での売買等に関する規則」等に従って行われる取引所金融商品市場外取引です。
  • 当社は、お客さまからのご注文をジャパンネクスト社に取次ぎ、同社が運営するPTSに発注されます。
  • PTS取引は、取引所取引と比べて取引参加者が限定されますので、一般に流動性が低くなり、値動きが大きくなる可能性があります。また、情報開示・ニュース等により価格が大きく変動する場合があります。
  • PTS取引にあたっては、あらかじめ「私設取引システム取引説明書」及び「私設取引システム取引約款」を良くお読みいただき、PTSの仕組みやリスク等を十分ご理解ください。
  • PTS(J-Market)の運営時間は毎営業日8:20〜16:00(デイタイム・セッション)、17:00〜23:59(ナイトタイム・セッション)で、ご注文は同時間帯のみになります。
  • PTS新規注文入力画面から発注されたPTS注文は、J-Marketへ発注いたします。
  • PTS(X-Market)の運営時間は、毎営業日8:20〜16:00(デイタイム・セッション)のみとなります。
    なお、X-Marketへの新規ご注文については、SOR注文にて当該市場にSOR判定された場合にのみ取次ぎます。(PTS新規注文入力画面から、X-Marketへ発注を行うことはできません。)
  • 注文種別は、新規・取消及び価格訂正です。注文値段に関しては「指値」のみ受け付けいたします。ご注文の有効期限は「当日中」のみとなります。
    ※デイタイム・セッション(8:20〜16:00)において受け付けた「当日限り」の注文は、当該セッションの取引時間が終了(通常16:00)するまで有効となります。
    ※デイタイム・セッションとナイトタイム・セッションの間で注文が引き継がれることはありません。 また、セッション間は新規注文、訂正・取消注文はご発注いただけません。
    ※ナイトタイム・セッション(17:00〜23:59)において受け付けた「当日限り」の注文は、当該セッションの取引時間が終了(通常23:59)するまで有効となります。
    ※SBI証券ではPTS取引(J-Market)の1円未満の呼値でのご注文はお受けしておりません。あらかじめご了承ください。
  • 「訂正中」のご注文が、訂正完了前に一部約定した場合、注文訂正は受付られず、未約定分は訂正前のご注文価格となります。この場合、注文一覧には「一部約定」「訂正できず」と表示されますので、未約定分について価格訂正をされる場合は、お客さまより改めて注文訂正をご発注いただく必要がございますのでご注意ください。
  • 約定日は売買成立日となります。受渡日はデイタイム・セッションにおいて約定した取引の場合は約定日から起算して4営業日目に、ナイトタイム・セッションの場合は約定日から起算して5営業日目に、それぞれ決済を行ないます。
    ※取引所取引における権利付最終売買日の、取引所取引終了後に開始されるナイトタイム・セッションの場合、権利落ちでの取引となりますのでご注意ください。
  • PTSの売買価格決定方法は、お客さまの提示した指値が、取引の相手方となる他の顧客の提示した指値と一致する場合に、その指値を用いて売買を成立させる「顧客注文対当方式」です。成行注文や板寄せといった手法が行われず、あくまでも顧客が提示した指値を突き合わせるところが取引所での売買方式と大きく異なる点です。
    <売買価格の決定方法の例>
  • PTSにおいて、既に受注している売注文(又は買注文)の指値と、新たに受注した買注文(又は売注文)の指値とが合致した際に売買が成立します。既に受注している売注文(又は買注文)の指値より、新たに受注した買注文(又は売注文)の指値の方が高い(又は低い)場合には、既に受注している売注文(又は買注文)の指値で売買が成立します。
  • ジャパンネクスト社は、売買取引を停止又は制限することがあります。該当する主なケースは以下の通りです。
  • 日本証券業協会が取引所金融商品市場外取引を停止した場合。
  • 主たる市場が売買停止等の措置を行った銘柄で、当社PTSでも売買停止等の措置を行う必要があると判断される場合。
  • 対象銘柄についてメディア等により「重要事実」に関する報道がなされ、当該情報の内容が不明確である場合又は情報の内容を周知させることが必要である場合等、売買を継続することが適当でないと判断される場合。
  • PTS(私設取引システム)の稼動に支障が生じた場合等において売買取引を継続するのが適当でないとジャパンネクスト社が認める場合。
    ※その他、詳しくは「私設取引システム取引説明書」をご確認ください。
  • 原則として、発行会社が単元株式数を定めているときは当該単元株式数とし、定めていないときは1 株単位といたします。ただし、上場取引所での売買単位が10株(口)未満かつ基準値段が6,000円未満の銘柄(制限値幅の下限が拡大されている場合は、基準値段が6,000円以上であっても制限値幅の下限値が5,000円未満となるものを含む)については、PTS第1市場(J-Market)における当該銘柄の売買単位を10株(口)単位とします。
  • PTS取引時間中に、ジャパンネクスト社において売買停止措置が実施された場合、既にPTSへ発注済かつ未約定のご注文につきましては原則として失効されます。また、日本証券業協会により売買停止直前の約定が認められない場合、約定が取消となる場合があります。


 ページトップへ